それは、ある大学生が卒業制作で作ったものだった

重度の障害者の老人男性が出演する、セックスについてのビデオ

入り口は一本のビデオテープだった。プライバシーへの配慮から、数本しかダビングされなかったものだ。現在も極めて限られた人たちだけが所有している。今後もこの数が増えることはないだろう。当時、私は障害者の性について本腰を入れて取材を始めたばかりだった。手探り状態のまま、神奈川県川崎市に住む32歳の障害者の男性の家を取材で訪れた。彼は駅からバスで20分ほどかかる市営住宅の一階でひとり暮らしをしていた。

障害者の性をどう考えるかについて話を聞くうちに、「おもしろいものがあるから」と笑みを浮かべ、電動車いすで移動して、不自由な手でビデオテープをセットした。その部屋には私たちふたりだけで、外では静かに雨が降り出していた。ビデオといっても音はない。殺伐とした施設の廊下をカメラはゆらゆらと動いていき、ある部屋に入っていく。チェックのパッチワーク模様のカーテンが吊るされている。アルミのやかんの横には湯沸したポットが置かれ、壁には不釣合いなほど明るいミッキーマウスのカレンダーが貼られている。

そして、車いすの後ろに酸素ボンベを二本設置された老人の姿が映し出される。ボンベはチューブで喉へつながれている。終始モノクロ画像だ。白い背景に静かに文字が浮かび上がった。老人は話ができないらしく、本人の語りもテロップで流れるようになっている。彼は自らの性について語り始めた。皺が深く刻み込まれた顔をくしゃくしゃにして、目を細めて笑う姿は子どものように無邪気に見える。そんな彼が吉原(東京都台東区千束)のソープランドへ行き、〈まず男まるだしでやる気を見せるね〉〈始まってすぐおっぱいを触りながら舐めるんだ〉〈指もすぐに入れるよ。
こういう業界で働くのは常連客が多い土浦の風俗がはじめてでしたが、店長さんが優しく仕事を教えてくれたので、大分仕事に慣れることができました。客層もいいと思います。
先日使った風俗は岡山のデリヘルです。繁華街まで少し距離のあるところに住んでいるのですが、そういうところでも呼ぶことができるところがこのサービスの一番の魅力ではないでしょうか。


新着記事

2014/12/22 Recommendを更新しました。
2014/12/18 新着記事を更新しました。
2014/12/17 施設の一室を更新しました。
2014/12/14 ひとつのテーマを更新しました。
2014/12/12 卒業制作のテーマを更新しました。
2014/12/10 重度の障害者を更新しました。
2014/12/09 重度の障害者の老人男性が出演する、セックスについてのビデオを更新しました。
2014/12/06 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
ナイトライフ東京風俗情報風俗ライフ
風俗リンク集と地域密着型風俗情報サイト東京都内の優良フーゾクを見やすく完全網羅!渋谷、新宿を中心に首都圏の風俗情報をリアルタイムで更新中!